異文化モヤモヤ・一刀両断☆日記

男社会・海外のビジネスの現場でサバイバルする女子の日記

海外事業

日本語を話しても、コミュニケーションの取り方が外国人、の巻。

商社で働いていると、取引先によく日本語が堪能な外国人の方がいる。 韓国企業にお勤めのKさんも、非常に日本語が堪能だ。時々、韓国の人だということを忘れる。 ある日、小さなドキュメントの数字の違いについて話をするときに、「それ、間違っていますよ…

せめて、名前で圧倒できないだろうか、の巻。

弊社のある海外の取引先担当者は、非常に強硬だ。しかも、名前がJEEPさんという。ジープさん・・・女性だが、ジープのように弊社をなぎ倒していく。 ムム、今日も強硬だった。私は日本車・「日産マーチ」のような気分だ。小回りも燃費もよいが、重厚感がない…