読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異文化モヤモヤ・一刀両断☆日記

男社会・海外のビジネスの現場でサバイバルする女子の日記

自信がなくても、その自分から始める、の巻。


本田健さんは、リスナーからの相談に
答える番組を主催している。今回の質問は、
「自分に自信がありません。
セルフイメージをどうやって上げたら
いいですか」 という質問だった。

健さんの回答は、意外なものだった。

 


「セルフイメージ、上げる必要ないですよ。
 そう簡単に上がるものじゃないんです。
 ホテルのラウンジでお茶したぐらいで
 セルフイメージなんて変わりません。

 今の自信のないあなたが、始めればいいのです」

「自信がないからやらない、を言い訳にしないこと」

本田健さんは、初めての著作が本屋に並ぶとき、
こっそり客のふりをして本屋を見に行った。
すると、大御所の大前研一さんの隣に自分の本が
並べてあり、
『全部、回収したくなった』ぐらい恥ずかしかった、と。

どのステージにいようが、たぶん、必ず上には上がいて、
常に劣等感や自信のなさ、は「ついてくる」のだろう。

私自身も、
何かを手に入れたら、
何かが変わったら、自信満々な自分になるのだろう、と
漠然と思っていた。

健さんは、
「セルフイメージが高くて、自信満々だったら、
嫌な奴でしょう。
自信がないところから、始めればいいんです」と言った。

この、どうしようもなく自信がない私たちから、
始めればよいのね。目からウロコだった。