読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異文化モヤモヤ・一刀両断☆日記

男社会・海外のビジネスの現場でサバイバルする女子の日記

茶道教室の競合は、youtubeだろうか、の巻。

日本のこと

お茶を再開した。
次のお稽古は、だいぶ先になった。
先生を安心させようと、分からないところは、
youtubeで検索します。
 裏千家で探せば、たぶん、分かんないところも
 復習できますね」

と言った。
そうしたら、先生は、とっても悲しそうな顔をした。

 「いいんですよ、分からないところがあっても。

 そのために先生はいるんだから」

そんなつもりはなかったので、焦る私。

youtubeは確かに便利だ。
でも、茶道教室の競合になるだろうか。
着付けだって、youtubeで見られるが、
そこで分かるものなんて、一部じゃないだろうか。

先生から、人から学ぶものって=付加価値じゃないだろうか。
そんなことに気づく。

ネットのサービスに
絶対に代替されないもの、それを伝承していく。
そこが鍵なのかな。