異文化モヤモヤ・一刀両断☆日記

男社会・海外のビジネスの現場でサバイバルする女子の日記

ドキドキ緊張しながら一歩を踏み出した人を潰すな、の巻。

今週は、「新しい一歩」を踏み出した二人と会った。
一人は新人のヨガの先生。
ガッチガチに緊張していて、早口だった。

ヨガはリラックスするためのものだけど、
先生の緊張がこちらにも伝わってきて、
いつもよりリラックスできなかった。

でも、私も人前に立って話をしたり、いろんな挑戦を
してきた側だから、非常によくわかる。
分野は違うが、昔の自分を見るようだ。

 ドキドキするし、失敗したらどうしよう、と思いながら、

震えながら始めるのだよ、みんな。

場数をこなす内に、「慣れる」「自信がつく」
「度胸がつく」 ものだと思う。

こんな緊張している人には、終わってから必ず
声をかけるようにしている。
みんな、自分のセッションはどうだったか、気になるのを
知っているから、だ。

「疲れがとれました」と言うと、先生はやっと笑顔になった。

今年の4月から、自分がやりたかった仕事を始める
人と出会った。

「いいねー。すごくニッチな需要がありそうね」と言った。

それが嬉しかった、と言われた。

周囲の反応は、
「そんなこと始めて、本当にビジネスになるの?」
「君にできるの?」 という否定的なものだったという。

私は肯定的なことを言おうと思っている。
否定的なことを言う人は、
ドリームキラーは、他にいっぱいいるから、だ。

私自身も、「いいねー」と言われたことに何度も
救われたから、だ。