異文化モヤモヤ・一刀両断☆日記

男社会・海外のビジネスの現場でサバイバルする女子の日記

「ドリームキラー」はヴァンパイアのようなもの~メンタルコーチ三浦将さん談、の巻。

『自分を変える習慣力』著者の三浦将の講座へ行った。
コーチングをやっている私としては、非常に興味があるネタだった。
しかも、「英語学習」を続けるための習慣力のお話しだったから、
すぐに予約。

新刊はこちら↓「人生を変える英語習慣」

Amazon CAPTCHA

 

英語学習の「スキル」よりも「マインドセット」のお話し。

自分を変えたいと思っても、
英語やりたい、禁煙したい、ダイエットしよう、としても
「続かない」のはよくあるお話し。

1月、新年の抱負に掲げた人は、もうそろそろ挫折している
頃だろう。それが普通なのだ。

そして、三浦さんのお話しで非常におもしろかったは、
「何か新しいことをやろう」としても、挫折してしまう原因になる、
ドリームキラーのこと。

「絶対無理だよ」
「あんたができっこないだろう」
「もっと現実的になれよ」

という外部の声。
残念ながら、やりたい気持ちはドリームキラーによってくじかれる。
(しかも厄介なのは、自分の中にも強烈なドリームキラーが
 いるのだ)

でも、ドリームキラーはなぜ作られたのだろう?

ドリームキラーになった人も、きっと若くて夢があったときが
あったはずだ。
でも、彼らも「ずっと周りに否定し続けられた人」だ、とのこと。

ヴァンパイアのように、
「一度ドリームキラーに噛まれると、
自分もドリームキラーになってしまうのだ」 ムム。

でも、ちゃんとやりたいことを応援してくれる、
「ドリームメーカー」もいる。
この人たちと付き合うこと。

「いや、君はよくやってる」
「大丈夫だよ」と言ってくれる人の意見を聴くこと。