異文化モヤモヤ・一刀両断☆日記

男社会・海外のビジネスの現場でサバイバルする女子の日記

「センター」に立つのは、センターに立ちたい人?の巻。

AKBでもそう、リーダーでもそう、
真ん中に立つ人は、どんな人なんだろう。
「絶対真ん中に立ってやる!」と思う人なんだろうか。

中国の盲人の舞踊団のドキュメンタリーで、
ムムっとうなった。

千手観音の舞踊をするグループ。
「センター」の子が一番前で踊る。

次のセンターは誰か、を決める時期になった。
中でも、めちゃアグレッシブで、積極的な
女子が「私は絶対にセンターになってみせるわ」と
インタビューに答え、監督にアピールしたり、
メンバーに「私センターになりたい」と言っていた。

この子がなるんだろうか。
結果は、静かに練習をしているBさんになった。
「私が、私が」と前に出るタイプではなかった。

でも、彼女はいつもメンバー、グループ全体のことを
考えていた。

結局、監督はBさんを選ぶ。
アグレッシブな女子は、悔し涙を流し
「私のほうがふさわしい」
「こんなに練習したのに」 とコメント。

でも。
ゲストの「美輪明宏」さんのコメントで、納得した。
「こういう子が、リーダーになるのよ。
 全体を考えてるでしょう」

自分の「エゴ」でセンターに立ちたいのか、
全体を考えている人が周りから後押しされるのか。

違いはここ、だと思う。