異文化モヤモヤ・一刀両断☆日記

男社会・海外のビジネスの現場でサバイバルする女子の日記

社長面談 2017秋の陣~鬼の霍乱、の巻。

誰が社長と面談などしたいのだろう、と

思ってきた。

こんな苦痛は30分で十分だ、と。

 

いや、いい社長となら会いたい。そして

【業績がいい時だけなら、会ってもよい】

続きを読む

モナコの富豪に学ぶ、お金との距離感、の巻。

モナコ・・縁がなかった。
グレース・ケリーとF1ぐらいしか知らない。

お金かかりそう、ということと。


モナコ在住のイタリア人と日本人女性のカップルと
知り合い、ディナーをご一緒した。

このディナーは人生の講義を聴いているようだった。

モナコの富豪について、知ることができたから、だ。


二人は謙遜しているが、
モナコにいると、周りと比較してコンプレックス」
と言った。
傍目から見ると、二人とも十分に成功しているように
見えるが、周りの住人が凄すぎておもしろかった。

続きを読む

交渉決裂は、ミスコミュニケーションが原因だった、の巻。

今日は、バイヤー人生で最もハードな
交渉だった。
自分で言うのもなんだけど、
今日の私はがんばったと思う。

予想はしていたが、交渉は決裂した。
We have no future.とあちらか言い出した。
緊迫し、精神的にも追い込まれた。

離婚は大変、と聞いたことがあるけど、
長年の取引先と関係を終わらせるのも、
同じように苦いな思いをするのだろうか。

続きを読む

AKB商法に相乗り、ドラクエ的な成長を応援してもらう、の巻。

最近、社長から「伝家の宝刀」のような呪文を授かった。

「これで、イタリア人、黙るから」

それは、長年のイタリア取引で得た、

長老の知恵であった。

ムム。人生ではじめて、うちの社長に感謝した。

(ごめんなさい)

そうか、正攻法で行ってもダメなのだ。

私の毎日は、リアルなドラクエのようなものだ。

いろんな敵、出来事に出会う。

 

続きを読む

他人に迷惑をかけるなvsあなたも人を助けなさい、の巻。

その日、電車では赤ちゃんを抱えた女性が、

申し訳なさそうに小さくなっていた。

赤ちゃんはギャン泣きしていた。

誰も彼女に話しかけないし、見ないようにしていた。

 

やりきれない空気だった。

このお母さんも、泣きそうな顔をしていた。

 

先月、日本を嫌いにならないで、というタイトルで

日本人は親切、優しさを表現するのが少ない、

ことを投稿したところ、いろいろ反響があった。

長く日本に住む外国人の方からも。

 

続きを読む

やりたいことが分からない:あなたもクラゲ型かもよ、の巻。

先日、高校のキャリアセミナーをさせていただき、

バイヤーの仕事についてお話をさせてもらった。

今日、一人ひとりから感想をもらった。

心に残ったこと、多くの子が

「クラゲの話」「高校でやりたいことが見つからなくても

大丈夫だと分かって気持ちが楽になった」 と書いていたことに驚く。

 

これは、最後の5分に話をしたこと、だった。

「自分のやりたいことが分からない」人のために、

私が「!!」と役に立ったことを伝えた。

 

人には二つのタイプがある、らしい。

続きを読む

確かに35億もいるけど、出会う確率は考えたことはあるか、の巻。

ブルゾンちえみ氏の功績は、35億も男子がいることを

気づかせてくれた点にあると思う。

ここで見つからないなら、「遠洋漁業」で

マラッカ海峡まで行ってもいいと思う。

 

私は時々女子の相談に乗る。

「いい人がいたら」を100万回ぐらい聞いた

結婚という単語のの枕詞に指定したいぐらいだ。

 

そもそも「いい人がいたら=自然に出会ったら」

という意味だろうか。

 

ガツガツしているのはみっともない。

なので、努力せずに、自然なシチュエーションで、

という心理が見える。

もっと言えば、ドラマティックなものを求めて

いるのだろう。

 

続きを読む